心躍る世界を、渋谷から。

SHIBUYA × WATCH

「渋谷アクシュ」と「渋谷サクラステージ」誕生で、渋谷の回遊性が大幅向上! まちびらきイベントも
渋谷駅周辺

「渋谷アクシュ」と「渋谷サクラステージ」誕生で、渋谷の回遊性が大幅向上! まちびらきイベントも

7月8日、渋谷駅東口エリアに大型複合施設「渋谷アクシュ(SHIBUYA AXSH)」がオープン。さらに、7月26日には桜丘エリアに大型複合施設「渋谷サクラステージ(Shibuya Sakura Stage)」が本格開業し、渋谷駅周辺の大規模な再開発工事の進展に伴い、新たなランドマークとしてこの2つの施設が誕生する。

左=渋谷アクシュ 右=渋谷サクラステージ

渋谷アクシュ開業の7月8日からは「SHIBUYAまちびらき 2024-あたらしい景色をソウゾウしよう」というテーマで、新施設および渋谷駅周辺で渋谷の魅力を発信するイベントが順次開催される。「まちびらき」と銘打った取り組みを実施することで、「新しいまち=新しい施設」の魅力向上と街の活性化を図る狙いだ。

これまでにも、2018年9月に東横線跡地に開業した「渋谷ストリーム」および渋谷川沿いの遊歩道の整備完成時に「Shibuya River Fes」(第Ⅰ期)をスローガンに、2019年11月に渋谷スクランブルスクエア東棟、渋谷フクラス、渋谷パルコの開業時に「HELLO neo SHIBUYA」(第Ⅱ期)をスローガンに「まちびらきイベント」を実施してきた。

2019年11月、渋谷スクランブルスクエア東棟、渋谷フクラス、渋谷パルコ開業時のまちびらきでは、「HELLO neo SHIBUYA」をスローガンとし、渋谷のまちに「neo SHIBUYA」のバナーが数多く掲出された。

渋谷アクシュ、渋谷サクラステージの本格開業に伴う第Ⅲ期目となる今回のまちびらきイベントでは、「SHIBUYA OPEN CITY ひらけ、渋谷。」をスローガンとし、「まちの回遊性の向上」を訴求する新たな渋谷の魅力を発信していくという。

「まちの回遊性」向上の目玉は、7月21日に渋谷ストリーム3階から渋谷サクラステージをつなぐ北自由通路上に「JR渋谷駅新南改札」が移設されることだ。

JR山手線・埼京線の頭上を跨ぎ、渋谷サクラステージと渋谷ストリームをつなぐ北自由通路上に新しい「新南改札」が7月21日、新南口から移設される。上=4月時点の様子 下=移設後のイメージ

現在、JR渋谷駅新南口は「孤立化」しており、山手線・埼京線ホームからかなり遠くアクセスが不便である。が、新しい6階建ての駅舎が国道246号線上に完成し、その3階部分に新南改札が設けられることで、この問題が解消される。また、渋谷に不慣れな観光客が誤って新南口から出てしまった際の混乱や不安も減少するだろう。

現在の渋谷駅新南口から眺めた約250メートル先の新駅舎。クレーンが伸びているのが、新駅舎の工事風景。クレーン部分に新南改札が移設される。撮影=2024年4月

さらに、桜丘町側と渋谷ストリーム側は、JR山手線・埼京線と国道246号線によって分断されており、今まで鉄道や幹線道路がエリア移動の大きな障壁となっていた。が、新南改札が北側へ約200メートル移動することで、渋谷駅がよりコンパクトに、かつエリアからエリアへの回遊性が格段に向上することが期待される。

たとえば、新しい「新南改札口」が移設された後は、JR山手線・埼京線の渋谷駅ホーム(2階)から直接エスカレーターで3階に上がると、混雑を避けて北自由通路上の改札口にすぐに出られるようになる。「新南改札口」を出て右に進むと「渋谷サクラステージ」、左に進むと「渋谷ストリーム」や「渋谷アクシュ」方面へ行けるため、迷わずに目的地へたどり着けるはずだ。

上記は、今回のまちびらきに伴う歩行者ネットワークの新整備箇所を示した図。POINT 01=南通路(既存の渋谷駅新南口と渋谷サクラステージをつなぐ)、POINT 02=北自由通路(新駅舎+新南改札移設)、POINT 03=歩行者デッキ(渋谷ヒカリエと渋谷アクシュをつなぐ)

そのほか、新南改札の移設に伴い既存のJR渋谷駅新南改札口は閉鎖される一方で、既存の新南口と渋谷サクラステージをつなぐ跨線橋「南通路(POINT 01)」が2023年12月1日から供用を開始。既存の新南口改札が閉鎖された後も、鉄道を跨いで桜丘町と渋谷3丁目間の往来が可能となる。さらに渋谷アクシュと隣接する渋谷ヒカリエ間にも歩行者デッキ(POINT 03)が7月8日から新設され、渋谷駅周辺の大規模施設間をグラウンドに降りることなく空中レベル(ピンク部分)で移動できる範囲がぐっと広がる。特に代官山・恵比寿方面や渋谷3丁目・青山方面への移動がだいぶ便利になるだろう。

まちびらきイベントでは、こうした渋谷駅周辺の回遊性の変化を実際に体感できる機会となりそうだ。

SHIBUYAまちびらき2024イベント情報

「SHIBUYA OPEN CITY ひらけ、渋谷。」イベントでは、「OPEN CITY」をキーワードに参加型、公募型の音楽・アート・体験イベント企画がそろう。会期中、参加する側、観る側として、渋谷のまちを回遊しながら楽しみ、新しい魅力に触れてみてはいかがでしょうか。
・【音楽】OPEN LIVE ― 渋谷の街が音楽で盛り上がる!
・【アート】 OPEN ART -渋谷アンデパンダン展
・【感動体験】 OPEN CITY体験

イベントの詳しい情報はこちら

取材・執筆

編集部・フジイ タカシ

渋谷の記録係。渋谷のカルチャー情報のほか、旬のニュースや話題、日々感じる事を書き綴っていきます。